美波 彼氏は? 出身地は? 祝ツイキャス閲覧10,000人 

さて、2019年2月16日の夜は、当サイトでも推している、女性シンガーソングライター美波さんのツイキャス放送がありました!

1月30日にCDシングル『カワキヲアメク』でメジャーデビューしてから、初めてのツイキャス。

今回も飛び出す名言の数々。

ツイキャス同時閲覧数がついに10,000人を突破!

そして活動していく上での美波さんの決意が改めて語られて、まるで本物のライブのような、大満足のツイキャスになりました。

その模様をたっぷりとお届けします。

オープニング曲は『プロローグ』だ!

キャス開始1分、美波さんはひとことも喋ってなくて、ギターのアルペジオを奏でてるだけなのに

閲覧4,000名突破!

すごい! さすがメジャーデビュー歌手!

そして、デビューシングルにも収録されている疾走感あふれるナンバー、『Prologue』が美波さんの透明な歌声と共にアコギの弾き語りで演奏されます。

ああ、『Prologue』僕が一番好きな曲です。(語彙力崩壊)

チケット転売はダメだよ

弾き語りをはさみつつ、話は美波さんの近況コーナーへ。

追加公演のチケットの倍率が高かったみたいで、申し訳ない。

ライブに行きたいからって、転売から買うのはやめてね。

うちは、チケットを買うときからライブは始まっていると思ってる。

大切な自分のサイフを、転売で汚さないでね。

これからライブなんて、いくらでもやるからさ!

 

あと、『カワキヲアメク』みんなカラオケで歌ってくれてるみたいでむっちゃ嬉しい。

うちの友達もカラオケで歌ってくれたんだけど、「難しすぎて二度と歌わねえ…」って言われた(泣)

質問コーナー

『丸の内サディステック』、『たばこ』(コレサワ)、『ようこそジャパリパークへ』と美波さんの中では定番曲が終わって、

なんか「うちに質問ある?」って感じで質問コーナーへ

ツイキャスの中から寄せられたコメントを美波さんが抜粋して回答。

Q「好きな食べものは?」

美波「栗(くり)」

Q「きのこの山、たけのこの里、どっち派?」

美波「きのこ派」

Q「好きな歯磨き粉は?」

美波「アクアクリーン」
(注 アクアクリーンという歯磨き粉は見つからなかったので、緑のパッケージが有名なクリアクリーンのことでしょうか?)

彼氏はいますか?

*イラストはのんさん(@non_373osakana)より掲載許可をいただきました

Q「出身地は?」

美波「生まれも育ちも埼玉

Q「彼氏はいますか?」

美波「……(数秒の沈黙 そのまま次の質問へ)」

Q「バレンタインチョコ作った?」

美波「……(そのまま次の質問へ)」

おい! 自分で読み上げといて答えないんかい(笑)

 

これは……もしや……実は彼氏がいるとか??

どーなんだろ?

美波さんは今まで、非リア充であることを一つのウリにしてきました。

彼女の発言が、非リア充(失礼!)たちの共感を呼んでいました。

「今年、好きな人と花火に行ったことある人?? えー、そんなのキライキライ。じゃあ、行ってない非リア充の人たちは美波と一緒に花火に行きましょう」
→『Monologue』を歌い始める (2018/8/18 の大阪でのライブより)

でもね、人生の喜び、悲しみ、怒り、悔しさを歌い上げるシンガソングライターってね、恋愛してナンボだと思うんですよ。

自分も恋愛しないと、人の気持ちに寄り添うようないい曲って書けないじゃないですか。

というわけで彼氏がいようがいまいが、僕は応援してますし、美波さんにもステキな恋をして欲しいなってファンの一人として思います。

*ちなみに「彼氏が欲しい、恋愛したい」とかメディアで言っときながら、実は去年ちゃっかり熱愛発覚していたシンガーソングライターとしては、miwaさんが挙げられます(泣)

閲覧人数 ついに10,000人を突破!

そうこうしているうちに、キャスも終盤に差し掛かった、21時22分ころ。

ついに、同時閲覧数が、10,000人を突破!!

僕が美波さんにハマりはじめた、2017年の12月はまだ1,000人いってなかったと記憶してます。

この一年で、美波さんはさらに大きな存在になった。

キャスを通して日本全国から、海外からも1万人の人とつながっているって、ほんとすごいことですよね。

main actor 美波さんからの熱い想い

最後の曲、美波さんにとって特別な思い入れのある曲。『main actor』
曲の紹介と共に、美波さんからの熱いメッセージが語られました。

(Tweet等にメモしたものを再現しているので、うたのの意訳が入っていることをご容赦ください)

この曲は約2年前、うちが音楽に挫折した時に作った曲です。

当時私の曲を聞いてくれる人もいないし、YouTube載せても誰も見てくれないし、業界の人も面倒みてくれるっていいながらも、何もないし……

私、ほんと甘ちゃんだなって。

挫折する前の自分は、上手くなろう、カッコつけようって思ってた。

でもある時、尾崎豊さんが歌ってる映像を見て、違うなって思った。

「届けよう」って思った。

純粋に、私の想いをみんなに届けたい。

音楽業界って汚い所もあって、若い人もこれからもっと入ってくるからさ、そんな世界もキレイにしていきたい。

挫折したのは、ほんと今では愛おしいほどの体験になった。

あの頃の自分に言ってやりたい。

「お前はこんなに多くの人に音楽聴いてもらってるよ、愛されてるよ」って

”勘弁してくれ時代の波”  そのエンブレムを掲げて、これからも音楽やっていきます。

聴いてください、『main actor』

 

美波さんの歌は、すでに海外へも広まっている

ツイキャスでも、英語や中国語、そしてハングルでのコメントがちらほら。

美波さんもキャス中に「海外からも聴いてくれてるの!? ありがとう!」と喜びの声を寄せていました。

こうやって、日本の文化が、美波さんの歌が広まっていくのはとても嬉しいですね。

当サイトも、そろそろ英語対応を検討せねば(笑)

美波さんは、『水中リフレクション』を歌う前にも、こんなことを言ってました。

「高校生の時音楽やってて、親に反対されたりとか。 ほんと息ができないくらい苦しくてもしそんな想いをしてる人がいるならその中から出してあげたいなって そう思って作った曲です」

激しさと人に寄り添うような、そんな温かみが同居するような美波さんの曲。

単なる叫びの歌じゃないんだ、誰かを救済するためのメッセージなんだ。

そんなことを感じました。

みなさんは、どう受け止めましたか?

記事の感想はぜひぜひうたののTwitter(@utano_shion)までお寄せください!

セットリスト

セットリスト

prologue*
なんでもないや
Heartache
丸の内サディステック
たばこ
ようこそジャパリパークへ
シャルル
真赤
カワキヲアメク*
シュガーソングとビターステップ
心做し
水中リフレクション*
main actor*

*印はオリジナル曲

最後に、のんさん(@non_373osakana )のTweetを掲載させてもらいます!

キャスの様子が活き活きと伝わってきて、とてもステキ!

僕も、こういうのが描けるようになりたいなあ。

美波さん関連の記事一覧はコチラ ↓
これらの記事を読めば、美しい波にさらにどっぷりとハマること間違いなし!

美波さん 2018年ラストのツイキャス トークまとめ

2018.12.29

ABOUTこの記事をかいた人

ファンタジスタ! うたの

クリエイター達を発信して、世の中をもっと元気にしたい! やりたい!と思ったことは取りあえず飛びつく関西在住の三十代男子です。 WEBで恋愛小説書いてます@小説家になろう 『歌姫と銀行員』 デジタルイラスト修行中/ツイキャス・nana/京都観光ガイド/ 本業は場末の銀行員