美波【セトリ・ネタバレあり】大阪ライブレポ 2019/4/21

どうも! 平成最後のライブ納めは、美波さんと共に過ごしたうたの(@utano_shion)です。

今回は2019年4月21日に、梅田シャングリラ(大阪市北区)で行われたシンガーソングライター美波さんのライブの模様を、セットリストと共にお届けします。

ネタバレ注意!

セットリストやMCの内容は実際にライブに行くまでの楽しみにしたいんや! という方は

ネタバレなしの記事もありますので、よかったらコチラをご覧ください ↓

美波 TOURカワキヲアメク大阪 2019/4/21 ライブレポ【ネタバレなし】

2019.04.22

最初は、おなじみのあの曲から!

オープニング、会場が暗くなり、美波さんと、他の3人のメンバー(ギターおっつー、ベースなんぶし、ドラムかっくん)が右側の舞台袖からステージに登場。

エレキギターを抱えた美波さんがスポットライトに映し出され、ゆっくりと音色を奏で始める。

アスター 君は僕を信じてくれますか?
何度 何度 地面を見て歩いたことでしょう
明日 僕がここで歌を歌ったりしたら君は僕を怒りますか?

美波 『アスター』

このまま一曲やりきるのかな……と思ってたら
サビだけで終わりで

美波
大阪ーー!! 盛り上がってますか!?
イエーイ!!
美波
じゃあ、オープニングはこの曲!!

心地よいドラムシンバルの音と、おっつーのギターの音色が見事に決まる!

『Prologue』!!

生きることも飽きた 歩くことも飽きた
止まることが増えた 始めることをやめた

僕は分かんなかった 僕は欲しかった
何が欲しかった 僕は分かんなかった

美波 『Prologue』

最近、美波さん登場のラジオやツイキャスのオープニングでもよく流れる、熱いライブの開幕にふさわしい疾走感あふれるナンバー!!

そして、僕が一番好きな曲でもあります!

どうにもならない世の中に、何かをぶちまけるように、それでも前を目指して進んでいく
美波さんの想いがたくさん詰め込まれた、狂おしいほどの名曲。

やっぱり今回のライブでも聴けるんだ!
いやあ、もうオープニングからテンションぶち上げでしたね!

ホロネス、そしてMonologue

続いては『ホロネス』。

いやあ、僕最初ね、『ホロネス』あんまり好みじゃなかったんですよ。でも最近聴くたびに良さを再認識しつつあります。

美波さんは音域も広いので、ホロネスの最初の低音部分もカッコいいし、ライブで聴くとドラムとベースの重低音がマッチしてとても迫力があります。

ラスサビの訴えかけるように高音を張り上げるのもいいですよね。

創り出した虚構の自分に飲み込まれそうになるその鬼気迫る感じがコチラにもすごく伝わってきます。

 

お次は『Monologue』。楽しみにしていた夏を前に儚く消えてしまった年上の男性との恋をつづった歌。

美波さんは女性シンガーソングライターにしては珍しく恋愛曲の割合がやや少なめな気がするんですけど、この曲は失恋して悲しい気持ちを全面に押し出しています。

「私の一番好きな少女漫画の最終巻みたいな夏」
「二文字を三文字に変える嘘」

独特の言い回しと、巻き舌、そして舌足らずな切ない歌声が彩りを添えてくれます!

時間が経つのも忘れて思わず聞き入ってしまいました。

そのあと、押し寄せては消える波を男女の淡い恋心に例えた『海と夏と君と』

美波さんの儚い歌声が、いつまでも耳に響いていました。

アコギ一本で魅せる そして聴かせる

バンドメンバーはいったん退場して、美波さんの弾き語りへ。

美波

世の中、泣きたいのに泣けない、笑いたいのに笑えない、なんて息苦しい世の中なんだろう

そう思っている人多いと思う

 

美波
だから私はこう言いたい、うれしい時は笑えばいい、そして泣きたい時は声を上げて泣いてもいいんだよ
美波
そんな想いを込めた曲です。聴いてください『水中リフレクション』

都合のいい世の中ですね なんて苦しいの
水中よりも苦しいよ
信じるほど裏切られるのです
そうやってできてるんです

この世界おかしくないですか?

美波 『水中リフレクション』

観客ひとりひとりと、目を合わせ、心を合わせて、心の中に直接訴えかけるように歌う美波さん。

ラストサビのアカペラは、一瞬このライブハウスの中だけ時が止まったかのような……
そんなゾクゾクっとした感動を受けました。

前回の8月の大阪でのライブから、ノドの不調やメジャーデビューの重圧、そして全国ツアーを経てさらに大きくなって帰ってきた美波さん。

「うまく歌おうとするんじゃなくて、伝える」

かつてツイキャスでも言ってた、これが美波さんの音楽のテーマ。

美波さんの歌う言葉ひとつひとつが、乾いた心に染み渡るように、いつまでも響いていました。

ここから『ETERNAL BLUE』への流れは、前半のハイライトでしたね。
美波さんの思いが痛いほど伝わってきて、ライブハウスの暗闇の中で少しだけ、僕は泣きました。

アメヲマツ

ふたたびバンドメンバーが登場。

新曲、『アメヲマツ』


『アメヲマツ』はすべて歌詞が聞き取れたわけではないのですが、爽やかなミディアムチューンの恋愛ソングという感じがいたします。

恋愛ソングの発表は久々なので、楽しみですね。

次の新曲として発売されるのかな……。

デビューシングル『カワキヲアメク』も雨がテーマだったので、それと対になっているのでしょうか?

続報が待たれます、ワクワク。

人生そう、ハイに! からのカワキヲアメク

美波
盛り上がってますかー?
美波
大阪! イエーイ! まだまだ行けますかー!
美波
じゃあ、行くよ! 『ライラック』

YouTubeで1400万回再生を突破した、アップテンポな名曲『ライラック』。

この曲で美波さんを知った人も多いはず。

おっつーのギターソロ、途中でのファンの掛け声、ジャンプもバッチリ決まって、ノリノリの観客たち。

会場一体となって、美波さんの歌声に酔いしれました。

自分に正直に生きなきゃって

そして、大ヒットしたデビューシングル『カワキヲアメク』を歌い上げたあと、ふたたび美波さんが自らの想いを口にしてくれます。

美波
私もかつてうまく行ってない時に気づきました。それまで自分を偽って生きてきてました
美波
だからこそ言います、今日ここに来てくれたみんなは正直な想いを発信して欲しい

 

美波

迷ったら、悩んだら、ぜひ私のライブに来てください

歌います、想いを届けます

 

美波

それでも変わらない気持ちがあるなら、それがあなたの正直な思いです。
それをぜひ、大切にしてください!

それでは聴いてください、『正直日記』

 

それでいいのさ
僕の未来が腐り切ってても

そんで終わりさ
大人になるしかないなんてさ
ホントダサいよな

美波 『正直日記』

好きなことを貫くことの難しさ

歌を通しての美波さんのメッセージは続きます。

美波
好きなことを貫くって難しいことです
流されて生きていくほうがもしかしたらラクなのかもしれない
美波
ほんと世の中、汚いこといっぱいあります
美波
音楽業界もそうです

私よりも若い人で音楽で頑張っていきたいって人もいるからさ
そんな所も少しずつよくしていけたらいいなって思ってます

美波
そして私よりも年上の人にも伝えたい
何かを始めるのに遅すぎるとかないから、絶対今からでも間に合うから、大丈夫だから!
美波
ここに来てくれた人の背中を1ミリでも押したい
それが私の役目だと思っています
美波
私にとっても大切な曲です。聴いてください、『main actor』

特に最後のサビの部分。

ひとつだけ ひとつだけ
ひとつだけ ひとつだけ
僕がここにいる証明を

僕にしか 僕にしか
僕にしか 僕にしか
できないことの証明を

美波 『main actor』

この部分を、アカペラで、圧倒的な声量で、見事に歌い上げる。

挫折を味わったからこそ、頑張っている人を心から応援できる、人の背中を押せる、そんな美波さんが歌い続けてくれることの素晴らしさ。

あの時美波さんが音楽を辞めちゃったら、今この瞬間、この出会いはなかったんだよな……

そんな想いがあふれて、こみ上げてきました。

大歓声に包まれて、いったん舞台袖に引き上げる美波さんとバンドメンバー。

アンコール、あの曲をもう一度

5分ほどして、美波さんとバンドメンバーが再びステージに登場。

美波
アンコールありがとうございます!
美波
アンコール、何がいいですか?

「ライラック」、「アスター」、「ハル」 など会場からは様々な声があがる。

僕は『Prologue』やってくれ、もう一度聞きたい『Prologue』、『Prologue』!
と心の中で念じてました。どんだけ『Prologue』好きやねんって感じですけど。

そしたら、なんと、思いが通じたのか!

美波
私達はまだまだ序章に過ぎないから、この曲で締めたいと思います、みんな平成最後のライブ納めは美波だよね!
美波
それでは聴いてください!『Prologue』!!

ぬぉぉぉぉぉぉ! 思いが通じた!

君って 僕って 迷って 未完成品
Prologue……

美波 『Prologue』

美波さんのメジャデビュー、そして駆け抜けていく道のりはまだ始まったばかり。

そして、ファンひとりひとりの人生もこれから。まだまだ挑戦していける。

美波さんからの励ましが、僕たちの背中を後押ししてくれる。

そんな想いを抱きながら、手を振り上げ、会場のファンと共に、いつしか僕の心も美しい波のさらなるうねりに巻き込まれていたのでした。

 

セットリスト

もし間違えてたら、ご指摘いただけるとありがたいです!

セットリスト

・アスター(サビのみ)
・Prologue
・ホロネス
・Monologue
・海と夏と君と
・水中リフレクション
・ETERNAL BLUE
・アメヲマツ
・ライラック
・カワキヲアメク
・正直日記
・main actor

アンコール
・Prologue

感想、ご意見等はうたののTwitter(@utano_shion)までどうぞ!
フォローも大歓迎、基本フォロー返ししてます。

美波さん関連の記事一覧はコチラ ↓
これらの記事を読めば、美しい波にさらにどっぷりとハマること間違いなし!

ABOUTこの記事をかいた人

ファンタジスタ! うたの

クリエイター達を発信して、世の中をもっと元気にしたい! やりたい!と思ったことは取りあえず飛びつく関西在住の三十代男子です。 WEBで恋愛小説書いてます@小説家になろう 『歌姫と銀行員』 デジタルイラスト修行中/ツイキャス・nana/京都観光ガイド/ 本業は場末の銀行員